MENU

切れ毛になる7つの原因

 

切れ毛とは文字の通り、毛髪が途中で切れてしまう状態のことです。
通常健康な毛髪はキューティクルというもので守られているのですが、このキューティクルがはがれてしまうと、毛髪の内部の繊維質が流れ出ることで、毛髪自体が弱くなってしまいます。そのため、簡単な刺激やひっぱることで着れてしまいます。

 

この切れ毛が多いと髪の毛の長さがバラバラになり、まとまりも悪くなります。まとまりが悪いと、見た目にも毛髪の痛みが見えてしまうので、綺麗にまとめておきたいところです。

 

その切れ毛の主な原因とは以下の事で引き起こされます。

 

切れ毛の原因 その1:ヘアカラーやパーマなどによる切れ毛

ヘアカラーの場合

化学変化によって染料を内部に浸透させて定着させます。
キューティクルを通り越して浸透した染料は、たんぱく質の結合力を弱めてしまうため、とても強いダメージを与えてしまいます。

ヘアマニキュアの場合

ヘアカラーよりも弱いヘアマニキュアは毛髪のたんぱく質と結語し、染料を定着させるため、シャンプーで色が落ちていきます。
キューティクルは保護されるため髪へのダメージは少ないです。ただしこの色が落ちるときに、なんとキューティクルもはがれてしまいます。そして、そうすることで毛髪が傷んでしまいます。
またこのヘアマニキュアはすぐに色が落ちるため繰り返し使用することが多いです。
そのたびにキューティクルがはがれていくと思うと、使用する際にキューティクルを保護しても、ダメージの方が大きいと言えます。

ブリーチの場合

染めるというよりも脱色をするブリーチは、毛髪内のメラニン色素を分解します。
そのため、毛髪内が空洞化してしまい、乾燥しやすくなります。
乾燥した髪の毛はパサパサでカサカサになってしまいます。

縮毛矯正の場合

くせ毛に悩む人は縮毛矯正をしたことのある方も多いと思います。
やった後はツルツルして綺麗になった気がしますが、縮毛矯正によるダメージは、キューティクルがめくれて剥がれている状態になっています。
しかもアイロンをかけることにより、より壊されていく毛髪の成分は、内部のたんぱく質さえも流出させてしまいます。
しかし、それを保護するためのシャンプーなども美容院でしているため、傷んでいる感覚は少なく思えます。
ただし、繰り返したりしていくことで確実に毛髪は傷み、切れ毛へとつながっていきます。

切れ毛の原因 その2:ヘアアイロン

髪の毛の成分の8割はたんぱく質なのですが、熱に弱いたんぱく質をアイロンのような熱で巻いたりまっすぐにすることで、たんぱく質を変性してしまい、ダメージを与えます。
毛髪のたんぱく質は60℃ほどで変性しますが、アイロンは160℃以上で使用されます。

 

熱にさらすとたんぱく質は固まるように、毛髪のたんぱく質も硬くなっていきます。
硬くなる上に、毛髪の中に空洞ができてしまうため、弱くなった部分から切れ毛が生じてしまいます。

 

ちなみに250℃以上の熱で、キューティクルは溶けてしまいます。

切れ毛の原因 その3:紫外線

紫外線は抜け毛の原因にもなるほどに髪の毛にダメージを与えます。
具体的には紫外線による以下の症状がダメージに繋がります。

  • 乾燥
  • 強度の低下
  • 毛髪の表面の粗雑化
  • 色素、光沢の消失

なぜかというメカニズムまでは完全に解明されてはいませんが、痛むことは確かです。

 

もともと日本人の黒髪はメラニンを多く含んでいるため、紫外線を防ぐ力が欧米人の金髪などよりはありますが、染めている人などは毛髪内のメラニンを一度壊しているため、紫外線を防ぐ力が弱まっています。
そのため紫外線からのダメージをより強く受けてしまう事になります。

切れ毛の原因 その4:栄養不足

毛髪を生成している成分はたんぱく質です。
このたんぱく質が、ダイエットや外食続きの食事などで不足すると、毛髪を作る成分が不足するため、パサついた髪の毛になったり、毛が細くなってしまったりします。
栄養を与えるためには、髪を支える頭皮の健康を気に掛けることが重要になります。
栄養は頭皮の毛細血管から毛根に届くため、頭皮の状態を良い状態にし、十分に栄養がいきわたるようにしましょう。

切れ毛の原因 その5:ホルモンバランスの乱れ

毛髪の育成や頭皮の健康を守る働きのあるエストロゲンの分泌量が減ると、毛髪が乾燥しやすくなり、枝毛や切れ毛の要因になります。
また、毛髪もハリやツヤを失ってしまうため、見た目にも毛髪が傷んでいるように見えるでしょう。
このホルモンは30代を境に減っていくため、体の内側からも勿論、外側からもケアする必要があります。

切れ毛の原因 その6:静電気

毛髪には電気をためる性質があります。
冬場の乾燥した時期には特に静電気が起こりやすいものです。
この静電気の刺激も、切れ毛の原因の一つと言われています。

切れ毛の原因 その7:濡れたままの髪の毛で櫛を通す

毛髪は濡れている状態だとダメージを受けてしまいます。
濡れたままブラッシングをしたり、濡れたまま寝てしまうと、摩擦が原因で切れ毛などの毛髪の傷みにつながります。
特に濡れたままの毛髪を乱暴にブラッシングをしてしまうと、キューティクルがはがれる原因になります。
乾いていない髪の毛を整える場合には、手櫛で整えるといいでしょう。

切れ毛ユーザーに人気のシャンプーランキング

美髪ベースメイクシャンプー「守り髪」


すでに受けてしまった蓄積ダメージをなかったことにしてくれることで話題の「守り髪」。

美容室のスタイリストからも評価されているヘアケアシャンプーです。
「守り髪」が人気の理由
  • 美容室スタイリスト推薦
  • モニターアンケートでも大絶賛
こんな人にオススメ!
  • 評価の高い商品をためしてみたい
  • 外出時の紫外線で髪がいたむのが心配
  • とにかく一度ヘアケアを試してみたい

マイナチュレ・シャンプー


女性用育毛剤としてマイナチュレから開発された、ヘア&スカルプケアシャンプー。

アミノ酸系の洗浄成分を使用しており、負担の少なさ・汚れ落ち・洗いあがりにこだわったシャンプーです。
「マイナチュレ・シャンプー」が人気の理由
  • 多数の有名雑誌やウェブサイトで紹介あり!
  • 返金保証付き!
  • メール・電話での無料相談窓口あり!
こんな人にオススメ!
  • 無添加のシャンプーを使いたい
  • 切れ毛対策以外にもボリュームアップもしたい
  • 困った時にアドバイスがほしい

ポーラ エイジングヘアケアシャンプー「FORM(フォルム)」

【ポーラ】フォルム シリーズ


ポーラが頭皮と髪のエイジングケアに着目して作ったヘアシャンプー。大人の女性のために作られたエイジングヘアケアシリーズとして話題になっています。

また、コンディショナーはなりたい髪型に合わせて「ふんわりタイプ」と「まとまりタイプ」が選べます♪
「FORM(フォルム)」が人気の理由
  • ベストコスメ認定
  • 今なら送料無料!
こんな人にオススメ!
  • 季節で傷んでいる髪の美髪ケアをしたい
  • 髪型に合わせてヘアケアをしたい
  • ノンシリコンシャンプーを使ってたけどキシキシが止まらない…